>

オフィスホワイトニングのデメリットも知っておこう

費用面では高額になりがち

美白な歯を手に入れるのに効果的なオフィスホワイトニングですが、高額な費用がかかりがちなのがデメリットです。
オフィスホワイトニングは保険適用外の治療となるため、施術を受けようとすると全て自費負担しなければなりません。
歯科医院やサロンによって施術の費用は異なりますが、一般的には1本の歯に対して費用設定がされている場合が多いようです。
その相場とするとおおむね1本3,000円から5,000円程度かかります。
ただし使用する液剤によってはさらに高額な設定が為されている場合もあります。
オフィスホワイトニングでは前歯を中心に笑顔になったときに見える歯全てを施術するのが一般的です。
1、2本程度ならお財布を圧迫しない金額だったとしても、ある程度本数が増えれば、その分かかる費用も高額になりがちなのです。

仕上がりには個人差もある

実はもっとも注意するべきことがあります。
オフィスホワイトニングであっても個人差が生じる可能性があるのです。
つまり人によっては高額な費用を支払っても、それほど美白を感じる効果が生じない可能性があります。
これには生まれながらの色が関係します。
人の歯は個人によって色が違います。
生まれながら歯が黄色っぽいという場合は、生まれながらの体質が関係しています。
オフィスホワイトニングはその人の本来の歯の色に戻すための施術です。
生まれつき歯が黄色っぽいという方の場合、オフィスホワイトニングをしても思うほど白さを感じない可能性はあります。
またオフィスホワイトニングは、永久ホワイトニングではありません。
これまでの生活の中で付いてしまった汚れや着色を液剤で落とす施術のため、同じような生活を今後も繰り返せば、また同じように歯が着色する可能性もあるのです。


この記事をシェアする